スポンサード リンク

 

ニトスキのメンテナンス

スキレットのメンテナンス

今日も引き続きスキレット(通称ニトスキ)関係です。昨日は、使い始める前のシーズニングについて書きましたが、今日はシーズニングが終わって使い始めてからのメンテナンスについてです!

 

そのスキレットは完全体ではない!?

シーズニングが終わったからといってそのスキレットはまだ完全体ではありません!スキレットは使うたびに油をなじませて育てていくものです。まずは油を多く使う料理をしてさらに油をなじませていきます。

 

砂肝のアヒージョ

ということで今日は砂肝のアヒージョにしましょう。

 

材料

  • 砂肝
  • マッシュルーム
  • プチトマト
  • ニンニク
  • アンチョビ
  • 胡椒
  • オリーブオイル
  • バジル
  • 鷹の爪

 

スポンサード リンク

 

 

f:id:trick-spec:20150726202127j:plain

スキレットに少し多めのオリーブオイルとニンニク、アンチョビ、鷹の爪を入れて火にかけ、ニンニクが色づいてきたら残りの食材を全て入れてフタ代わりにもう1枚スキレットをかぶせて火にかけ、時々上下をひっくり返すように混ぜて、具材に火が通れば完成です!

f:id:trick-spec:20150726203557j:plain

砂肝がコリコリしてうまい!お酒も進んじゃいますよ~♪

 

 

スキレットのメンテナンス

さて、ここからが今日の本題!スキレットのメンテナンスです。

食べ終わったスキレットはこんな感じ↓

f:id:trick-spec:20150726213632j:plain

ここに水を入れて火にかけます。(スキレットは冷めた状態です)

 

グツグツ沸騰してきたらヘラでこびりついた食材をゴリゴリ削り落とします。

f:id:trick-spec:20150726213811j:plain

次に柄付きのたわし等でシャカシャカこすります。

f:id:trick-spec:20150726213943j:plain

お湯を捨て、汚れが落ちていなければもう一度水を入れて①~③の作業を繰り返します。

 

汚れが落ちていればコンロにのせ、空焼きします。この時、万が一残ったカス等も焼き切る気持ちで空焼きします。

 

スキレットがさわれる温度まで冷めたらオリーブオイルを薄く塗って完了です!

f:id:trick-spec:20150726222740j:plain

 

 

洗剤は使用禁止

普段の作業は大体こんな感じです。この流れを繰り返していくと、テフロン加工のようにこびりつかないブラックポットと呼ばれる状態に育つのです。基本、洗剤は使用禁止です!せっかくなじませた油が取れてしまうし、そうなれば錆びてしまうからです。どうしても洗剤で洗わなくてはならない事態が起きた時は昨日のシーズニングをもう一度行います。

 

水をかけるのも禁止

それと空焼きした直後のチンチンに熱くなっているスキレットに水をかけるのは絶対に禁止です!急激な温度変化でスキレットが割れてしまう危険があります!みなさん、火傷しないようにスキレット生活楽しんでくださいね~!

お休みなさ~い!

 

 

ミニスキレットレシピもご覧ください↓

 

LODGE(ロッジ) マックステンプ オーブンミット MITTMT  (並行輸入品)

LODGE(ロッジ) マックステンプ オーブンミット MITTMT (並行輸入品)

 

 

ロッジ ミニシリコンホットハンドルH ASHHM41 レッド 【品番】GLT2802

ロッジ ミニシリコンホットハンドルH ASHHM41 レッド 【品番】GLT2802

 

 

LODGE(ロッジ) ホットハンドルホルダー LG2HH  (並行輸入品)

LODGE(ロッジ) ホットハンドルホルダー LG2HH (並行輸入品)